普通車タイプのトラックの画像今回の記事では、第一種普通自動車運転免許(通常の普通自動車運転免許)で運転が可能なトラック類に関しての、全般的な内容の記述がされています。

現在の法制度上、1.5t(トン)以下のトラック類全般の運転が可能になっていますが、意外とよく知られていない、世の中一般の傾向がどうも、日本国内ではあるような傾向があります。

こうした現状としての傾向を踏まえながら、今回の記事でのお話のほうを進めさせていくようにします。

第一種の自動車免許で運転が可能で身近にあるトラック類

先の冒頭文部分でも触れているように、道路運転関連法令にもあるとおり、第一種普免では、1.5t以下のトラック類の車両種類全般を運転が可能になっています。

軽トラックの画像そうした事情から、まずは初めてトラック類車両を運転することをご検討をされている方などは、その訓練なども兼ねて、軽トラックの車両を運転されるのが最適です。

車両本体の大きさなども、1.5tトラックのものよりも小さく、軽量であり、運転面での小回り、視界や内輪差の範囲なども小さ目なため、狭い道などでも運転がし易いといった点で、実際に荷物などを積載しながらでの運転面においても、運転時での感覚を把握し易いところがありますので、トラック運転入門用としても、とても向いているところがあります。

通常の普免さえ手元にあれば、いつでも運転が可能な車両種類ですので、そうした面でもやはり、お勧めのものである事には間違いがありません。

そしてもう1つは、普通乗用車トラックが挙げられます。一般的には「バントラック」などといった名称で知られていて、霊柩車や緊急用の小型救急車、朝早い新聞配達分の新分類の集配車などの専用車両として使われたりする事が少なくはありません。

ただ、車両や使用目的によっては、陸運局などへ黒ナンバー取得のための申請とかをしなければならない事などもありますので、必ずしも普免さえあれば、運転が出来るとは限らないケースもあります。

「1.5tトラック」の運転をする予定の方へ

これは前項の段落内でもバントラックのところでも触れましたが、基本的に、1.5t級クラスの車両種類とかの場合では、使用目的によっての、様々な制限が加えられていくケースが少なくありませんので、その点によく注意をしておく事が、とても大切です。

とくに、冷凍食品や燃料類などを運搬・配送などをされたりする事が目的である車両のものなどの場合には、タクシーやハイヤー用である「第二種普通自動車運転免許」とかが、運転条件として必要になってくるケース、事業所などもありますので、注意が必要な事もあります。

基本的に、今回の記事内容から言える結論

大方では、初めてトラックの運転をされたりする方の場合、第一種普通自動車運転免許取得・所持の上で、軽トラックの運転から始めていくといった形でのケースになりますが、こうした形態はあくまで基本的なものであって、必ずしもその通りになるとは限りません。

職場とかでの上司からの命令、自身が事業者である場合には運送業の事業運営面での判断、それらのような事情から、最初からの第二種普免の取得・所持、黒や緑の業務用ナンバーの取得、それらの形からなるケースとかも決して、少なくありません。

第一種普免でさえ、取得をする事は決して簡単な事ではありませんので、第二種の免許、緑・黒の業務ナンバーの取得とかは、やはり、尚更な面もあります。

これから様々な乗り物を対象にした運転免許の取得を初めてされる事をお考えである方の場合、トラック運転や乗車なども視野に入れたりした上で、取得を考えたりしていく事も、重要な面があります。

事実、大型免許や大型特殊などの場合には、それらの取得の上で、第一種普免や中型免許を同時取得・携帯・所持をしておかなくてはなりませんので、そうした面も認識をしておく事は、とても大切です。