ディスクブレーキの画像大型のトラックやクレーン車などには、停止する際にブレーキの他にブレーキ性能を補助する装置が搭載されています。その理由はトラックやダンプカーなどはたくさんの荷物を運ぶため、ブレーキだけで減速するととどうしてもブレーキが熱で利きにくくなり、停止する際の時間が長くなるからです。

そういった問題を防ぐためブレーキに掛かる負荷を軽減するためにブレーキを補助する装置が大型のトラックやトレーラーダンプ、ミキサー車などに取り付けられています。

排気ガスを利用してブレーキを補助する排気ブレーキ

どのようなものが装置として組み込まれているかというと、一つは排気ブレーキです。排気ブレーキとはアクセルを話した際、エンジンブレーキが効き減速をします。その際のエンジンブレーキの性能を強化してくれるのが排気ブレーキです。

排気ブレーキの仕組みはとても単純でエンジン内で爆発が起こった際、配管を通じて排気ガスを排出します。その配管の中に弁を取り付けてふたをしてやれば排気ガスが排出されないためエンジンの中の圧力が上がり、スムーズにエンジン内のピストンが上昇と加工をしません。

この抵抗を利用して減速するのが排気ブレーキシステムです。大型のトラックやバスに搭載されているシステムですがブレーキの踏みすぎによるブレーキの熱ダレを防ぐことができ減速をする際、ブレーキに掛かる負荷を軽減することができる装備が排気ブレーキになります。

強力な電磁石の力で減速を補助するリターダー

次に紹介する装置はリターダーです。これも大型のトラックやトレーラーに装備されている装置で減速を手助けしてくれる装置です。これはトラックの動力を伝えるシャフト部分に強力な電磁石を取り付けることにより、シャフトの回転を遅くする装置で、減速を手助けしてくれます。

こちらは大型化されたトラックの場合、排気ブレーキだけでは停止性能を維持することができないという問題から生まれた装置であり、磁石や永久電磁石の力でシャフトの動きを遅くしてトラックの停止性能を上げたり、高速道路の下りで使用することにより、排気ブレーキの効果を高めてくれる装置です。

どちらの装置も併用して使用することができ、排気ブレーキとリターダーの両方を使用することにより、さらにトラックの減速性能と停止性能を引き上げる効果があり、ダンプやミキサー車、バスなど多くの人や物を運ぶ車に使用されている装備です。

トレーラーに搭載される貨物ブレーキ

リターダーのほかにも、大型のトレーラーでは貨物ブレーキがあり、トレーラーが運んでいる貨物であるキャリアー側にブレーキが搭載されていて、トレーラーヘッド側からキャリアーについているブレーキを使用して貨物側にもブレーキをかけることができます。

これはトレーラーだけのブレーキで止まろうとすると貨物側は前にいこうとする動きがあり、留まることができない点と貨物のほうが重いわけですからトレーラーが押されてしまい、ブレーキ性能が落ちるため貨物側のキャリアー側にも補助としてブレーキが搭載されています。

大型車に搭載される様々なブレーキシステム まとめ

このように、たくさんのものを運ぶ車、トレーラーやダンプ、バス等には普段皆さんが使用しているブレーキのほかにもブレーキ性能と減速性能を向上させるための装置が組み込まれています。

これらをうまく併用して使用することにより、下り坂でブレーキを踏みすぎることなく減速したり、たくさんの荷物を載せた際のブレーキの効きが悪くなった際にでもきちんと停止することができるように、大型の輸送車には工夫が凝らされているというお話です。

ちなみに、リターダーや排気ブレーキが搭載されていない車種もありますがそちらは大型車ではないか、運ぶものが重くないといった理由で搭載されていない車種になりますから基本的にはブレーキのみで停止をすることになります。