東海地方のトラック・重機・バス買取|最高額で売るとっておきの方法!

日本の地方区分としては東海ではなく、中央高地や北陸を加えた中部地方が用いられる。東海の名称は東海道に由来する。

東海道は東に通じる海の道の意であった。いずれの県も黒潮の影響で温暖で、雨が多く雪が少ない。東海地方の地形の特徴としては、静岡県にある赤石山脈や日本最大の大きさである富士山、鰻や海苔の養殖などで知られる浜名湖、岐阜にある飛騨山脈などが挙げられる。

産業としては愛知県を中心に自動車産業を主体とした中京工業地帯、静岡県浜松市を中心にオートバイ、自動車、楽器などを主体とした東海工業地帯が存在する。この影響は三重県にも多く及んでおりオートバイや自動車の工場が多く見られ、F1のサーキットにもなっている鈴鹿サーキットなどが存在している。

こうした産業構造のため東海地方の自家用車保有台数は日本有数である。その一方で公共交通機関の整備が関東や関西に比べ弱く、バスや鉄道の存続要望がなされている。静岡では茶葉やみかんの栽培が盛んであり、焼津・清水・沼津など漁港も多い。

石垣を利用して栽培された石垣苺も著名である。愛知県では菊などの花やメロン、キャベツなどが温暖な気候を利用して多く栽培されており、なかでも電照栽培された電照菊が著名である。

当サイトでは東海地方でトラック・重機・バスをで最高額で売ることができるとっておきの方法と各県の地元買取店をご紹介しています。

ページの先頭へ