関東地方のトラック・重機・バス買取|最高額で売るならコレで決まり!

関東の地形の特徴として日本最大の平野である関東平野が広がっていることや、日本最大の流域である利根川が流れていることが挙げられる。

この利根川を境に北側にある茨城・栃木・群馬を北関東、南側にある埼玉・千葉・東京・神奈川を南関東に分けることもある。

気候は群馬県などはからっ風と言って北西部の山間部から吹き下ろす冷たい風で知られるが、関東全体としては比較的温暖であり、ほかの都道府県の主要都市では雪が積もることはめったにない。

関東の呼び名は673年に天武天皇が不破関、鈴鹿関、愛発関の3つの関を設置した際、これら3つの関の東側を関東と呼ぶようになったことに由来する。関東の範囲は源頼光徳川家康によって移り変わるが、徳川家康の定めた範囲が現在の関東の範囲に引き継がれている。

産業は、東京や神奈川の存在から第3次産業が多いような印象を持たれるが、茨城や千葉の農業生産量は全国でも上位である。一方で東京や神奈川は自給するのはかなり難しい状態となっている。

東京から埼玉、千葉、神奈川への人口が徐々に流出するドーナツ化現象が起きている。その一方でそれらの県では働き先は東京にあるために夜間人口に比べ昼間人口が極端に少ないベッドタウン化現象の起きている町が少なくない。

そんな関東地方で商用車(トラック・重機・バス)の売却でお困りの方に最高額で売却できるある無料のサービスを各都県ごとにご紹介しています。高く売りたい方は参考にしてください。

ページの先頭へ