福島県の買取対応地区
福島市、会津若松市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、伊達市、本宮市、伊達郡、安達郡、岩瀬郡、南会津郡、耶麻郡、河沼郡、大沼郡、西白河郡、東白川郡、石川郡、田村郡、双葉郡、相馬郡

おすすめのトラック一括査定とおすすめのトラック買取業者3選は以下のリンクからどうぞ

福島県のトラック・重機・バス買取業者

福島県内にあるトラック買取店を調べてみたところ以下のお店がみつかりました。地元買取店を利用される方は参考にしてください。

FSエクスポート株式会社 〒961-0076 福島県白河市五番町川原12-2
株式会社ケーアイプロジェクト 〒969-1301 福島県安達郡大玉村大山字岩ケ作43-1
有限会社司馬解体 〒971-8125 福島県いわき市小名浜島字渡地20-1
株式会社ビィ・フォアード 〒964-0812 福島県二本松市関1-1
株式会社フジショウ 〒963-8844 福島県郡山市字賀庄34-2

福島県の産業と流通の傾向と特徴について

福島県の産業の概要として、福島県の産業別従事者数と全国平均から、福島県の産業構造の特徴を考えます。

福島県の産業別従事者の比率は、1次産業が6.5%、2次産業が29%、3次産業が60.2%となっており、全国平均が3.8%、23.6%、67.2%であるのと比較すると、1次産業と2次産業の比率が高く、3次産業の比率が低いと言えます。

もちろん、年次毎の推移を見ると、全国の傾向と同様に1次産業の比率が下がり続け、3次産業の比率が上がってはいます。

福島県内の1次産業について

2014年における1次産業の内訳を産出量から見ると、農産物が1837億円、林業が92億円、水産業が86億円となっています。

農産物の中では、米が28.8%、畜産が25.9%、野菜が24.6%、果物13.5%の構成比となっており、米は全国第5位の産出量となっており、主要な米の産出県の1つとなっています。

また、水産業の産出量は2014年が先に記した様に86億円ですが、ピークの2008年の204億円に比較して半減以下となっていますが、これは東日本大震災とそれによる原発被害の影響によるもので、今後の復活が期待されるものです。

福島県内の2次産業について

福島県は全国平均に比較して2次産業である工業の比率が高く、いわき市や郡山市や福島市を中心に各種製品が生産されています。

2014年の統計によると、工業製品の中でもパソコンやカーステレオ等の情報通信機器が7524億円、電子部品が3481億円、その他の電気機械が2871億円で、電子・電機関連が総計で1兆3876億円で、工業生産額5兆990億円中トップとなっています。

その他では、医薬品等の化学が4421億円、自動車関連等の輸送機械が4008億円、飲料が3910億円、食料が2879億円と続きます。

福島県の工業の特徴としては、電子・電気関連や化学でも医薬品関連や自動車関連等の比較的ハイテク分野のウエートが高いと言えます。

福島県内の3次産業について

主要な3次産業である商業においては、2014年の販売額が4兆2000億円程度で、全国20位の販売高となっています。

この商業においても、東日本大震災と原発事故に伴う影響を受け、2012年には3兆6860億円にまで減少しましたが、徐々に回復を見せていると言う状況です。

まとめ

福島県の産業としては米作や野菜等の農業も盛んで、米作においても全国5位の産出量を誇っています。

農業が盛んな事は全国多くの人が認識されている通りですが、意外と知る人は少ないと思われますが、情報通信等のハイテク製品の工業生産高が高いのです。

福島県の東日本大震災の影響は、原発事故と言う他県にはない被害がもたらされ、未だに米の全量・全袋放射線量測定が続けられたり(2年以上異常検出はなく安全は十分確保されている)、水産業のダメージが大きい等の影響が続いています。

ただ不幸中の幸いとして、ハイテク工業製品を中心とする工場立地が震災を経ても維持されており、今後一層の工場誘致と県を挙げての技術支援体制を敷いて工業をさらに伸長させる努力が払われたいます。

おすすめのトラック一括査定とおすすめのトラック買取業者3選は以下のリンクからどうぞ