福岡県北九州市の買取対応地区
門司区、若松区、戸畑区、小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区
福岡県福岡市の買取対応地区
東区、博多区、中央区、南区、西区、城南区、早良区
その他 福岡県の買取対応地区
大牟田市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、行橋市、豊前市、中間市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、嘉麻市、朝倉市、みやま市、糸島市、筑紫郡、糟屋郡、遠賀郡、鞍手郡、嘉穂郡、朝倉郡、三井郡、三潴郡、八女郡、田川郡、京都郡、築上郡

福岡県内のトラック買取店

福岡県内にあるトラック買取店を探してみたところ以下の買取店が見つかりました。地元の買取店を利用される場合は参考にして下さい。

株式会社RA商事 〒808-0122 福岡県北九州市若松区大字蜑住1508-3
エベレックス 〒811-1355 福岡県福岡市南区桧原7丁目58-1
株式会社カプラ 車屋19 〒820-0044 福岡県飯塚市横田258-2
JSトレーディング(合同会社) 〒811-3522 福岡県福津市奴山28-1
有限会社ゼンショー 〒800-0205 福岡県北九州市小倉南区沼南町2丁目12-11-C-101
株式会社ディーゼル・スター 〒811-3135 福岡県古賀市小竹955-5

「門司港レトロ」でノスタルジックな街歩きを楽しもう

九州の玄関口となっている福岡県。県庁所在地である福岡市は海を挟んで韓国とも近く、国際色豊かな都市となっています。県内には魅力的な韓国地がたくさんあって、どこに遊びに行ってよいか迷ってしまうところ。そこで、今回は福岡県の注目の観光スポット、門司港をご紹介します。

「門司港レトロ」でノスタルジックな街歩き

門司港レトロの画像②福岡県の観光地というと、博多周辺を思い浮かべてしまう人が多いかも知れません。しかし、北九州方面にも人気の観光スポットは点在しています。その中でもオススメなのが北九州市にある門司港。門司港はいま「門司港レトロ」として、県外からも多くの観光客を集める注目の観光スポットとなっています。

「門司港レトロ」とは、外国貿易で栄えた時代の建築物を保存して、大正ロマン調の街並みを整備した地域です。JR門司港駅を中心とした門司港レトロには、赤レンガが美しい「旧門司税関」やもともと海運会社の本社として使われていた「新海運ビル」、かつては逓信省の門司郵便局電話課庁舎だった「門司電気通信レトロ館」、八角形をしたヨーロッパ風の美しい塔が特徴の「旧大阪商船」、三井物産門司支店の社交クラブを移築した洋風建築物「旧門司三井倶楽部」などなど、大正時代に建てられた貴重な建築群が軒を連ねており、まさしくレトロを感じられるエリアとなっています。

また、門司港駅の駅舎そのものも大正3年(1914年)に建てられたものが今も現役で使われており、門司港レトロのシンボル的存在として親しまれています。その門司港駅舎は、2012年より復元工事の真っ最中。復元工事は2019年3月に完成、グランドオープンの予定となっており、またひとつ門司港レトロに注目のスポットが誕生することになりそうです。
門司港レトロは、歩くのにはほどよい広さです。歩きまわっても1〜2時間ほど。ぜひ、この大正レトロ調の街並みを歩いてみましょう。ノスタルジックな雰囲気からは、栄華を極めた当時の門司港の風情が味わえることでしょう。

グルメもオススメ、門司港レトロの「焼きカレー」

門司港レトロの画像門司港レトロはグルメも人気です。中でも門司港が発祥とされる「焼きカレー」は、門司港のご当地グルメとして親しまれています。その始まりは、昭和30年代の門司港にあった喫茶店とされています。余ったカレーをグラタン風にオーブンで焼いてみたところ、実に香ばしく、美味しく仕上がったのでした。それをお店のメニューとして出してみたところ、これが大評判。現在は北九州を代表する一品にまでなっています。

門司港駅の周辺には、焼きカレーのお店が数多く並び、各店それぞれが個性ある焼きカレーを提供しています。お腹の調子と相談しながら、これらの個性あふれる焼きカレーたちを食べ比べてみるのも面白そうです。昭和に誕生したハイカラな料理を、ノスタルジックあふれるレトロな街並みの中で味わう、最高に贅沢なひとときですね。