石川県の買取対応地区
金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、能美郡、河北郡、羽咋郡、鹿島郡、鳳珠郡

トラックを本当に高く売りたい方、当サイト一押し!利用者の96.3%が満足するトラック一括査定と日本全国から厳選した優良トラック買取業者3選はコチラからどうぞ!

石川県内のトラック・重機買取店

石川県内にあるトラックや重機の買取を行っている地元買取店を調べてみました。お住まいの地域のトラック・重機買取店をお探しの方は参考にしてください。

株式会社 エー・エム・アイ
石川県のトラック買取店 株式会社 エー・エム・アイ〒923-0003 石川県小松市安宅町ヨ77番地
TEL:0761-46-6277石川県小松市で中古建設機械や特殊車両の販売・買取・レンタル・整備などを行っている会社です。公式ホームページ⇒http://www.ami-group.co.jp/
株式会社バイセル
トラック買取のエル・トラック

石川県金沢市間明町ホ71
TEL:076-268-1125

株式会社バイセルの運営する「トラック専門店エル・トラック」は石川県金沢市で中古トラックの販売と買取を専門に行っている会社です。

公式ホームページ⇒http://www.e-truck.jp/index.html

株式会社ヤマモト
トラック・重機買取りの株式会社ヤマモト

〒924-0011 石川県白山市横江町1138-1
TEL:076-276-3922
FAX:076-276-3922

石川県白山市で普通車・トラック・重機・バス・農機具・バイクなどの買取を行っている会社です。また処分にお困りの事故車・故障車なども買取OKです。

公式ホームページ⇒http://www.yamakai-metal.com/

有限会社ハニーオート
〒920-0067 石川県金沢市二宮町15-32
TEL:076-231-5252
営業時間8:30~18:00
定休日:日曜・祝日・第二土曜日・年末年始石川県金沢市で中古車販売・買取、中古トラック販売・買取を行っている会社です。
有限会社マックストラックセンターTUBOTA
石川県加賀市伊切町ヲ6-1
TEL:0066-9703-2270
FAX:0761-74-1247
営業時間9:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日石川県加賀市で中古トラックの販売と買取を行っている会社です。

石川県でも能登地方の祭事で行われる「御陣乗太鼓」について

石川県の金沢城先ず、北陸地方の石川県といえば、隣の県である福井県や富山県に比べると今までは何となくネームバリューに劣る気もしていましたが近年、北陸新幹線の開通によって両県を凌ぐほどになってきたように思いますね。 しかし、戦国期から江戸期にかけては石川県の金沢と言えば、前田家の加賀100万石に通じていて、昔から知られた土地柄ではありますね

そして、此の石川県の金沢といえば、戦国期の武将である前田利家が築いた街でもあり、加賀100万石の城下町として古い歴史がありますが、前田家の居城であった金沢城や加賀兼六園,それに伴う周辺の城下町や茶屋町などの歴史的な遺産群としての観光名所も人気のところであります。

ただ、石川県といえば北陸道の金沢の他にも、日本国内でも稀有な日本海に突き出ている「能登半島」があります。 首府の金沢から見ればチョット離れた能登半島ですが、今回は此方の能登に因んだ観光的なところを紹介したいと思います。

そして、能登の代表的地域とされるのが、其の中心でも有る「輪島」のことになります。輪島といえば漆(うるし)による輪島塗や市内の朝市でも知られていますが、其れ以外にも特異な行事や祭礼として世間的にも知られる「御陣乗太鼓」で、全国的にも有名な観光的なイベント祭事としてしられています。

あの鬼のような仮面をかぶって、小躍りしながら強烈な太鼓を打ち鳴らす光景はテレビなどでもお馴染みになっていますね。 この行事は実質的には、祭礼として毎年の7月末から8月始めのかけて行われるもので、正式名称は「名舟の大祭」として執り行われなます。

実は名舟地域は輪島市内では有るが、実質は輪島市街から海岸沿いに10kmほど東に向かったところの「名舟の海岸」に当ります。 正式には「御陣乗太鼓」というのは此方の「名舟の大祭」が発祥とされ、この神社の祭事で行われるのが正規のものとされています。

先ず、真夏の7月31日の夜になると海上に立っている鳥居まで、祭り船(実際は漁)に乗った神輿五基がキリコ(巨大で豪快 華麗な燈籠のこと)とともに行進を始め、海上を渡御(とぎょ)する。 此の祭りが行われている時又は終わってから、神社近くに設置された舞台において迫力満点の「御陣乗太鼓」が次から次へと奉納の為の本番打ちが行われ、祭りは最高潮に達するのです。

此の祭りの発祥は、実は戦国時代(天正年間)において能登地方を支配していた畠山氏が越後の雄・上杉謙信によって滅ぼされることに起因するそうです。 この時に越後の上杉軍は更に畠山氏配下の残党組を征伐するために名舟まで遠征してきたのですが、此の時にこの地の村人達が鬼を面被ったり海草等を頭や顔に付けて陣太鼓を打ち鳴らして相手を驚かせ怯ませて、遂には追い払ったといわれるのが祭りの起因とされているのです。

そしてこの事がかの有名な「御陣乗太鼓」の発祥であり起源とされ、御神乗太鼓そのものは名舟の大祭の脇役ともされていて、祭礼が行われる白山神社でお披露されるのですが、実は祭りで行われる御輿渡御の際の還御のときの先導役として、露払いの意味で務めを果たす役割を担うとされているのです。

トラックを本当に高く売りたい方、当サイト一押し!利用者の96.3%が満足するトラック一括査定と日本全国から厳選した優良トラック買取業者3選はコチラからどうぞ!