栃木県でトラック・重機・バスを高価買取りして欲しい!と思っている方はディーラーの下取りを利用するのではなくトラックなどの買取を専門で行っている業者を利用することで30万円以上も高額で売れることも珍しくないんです!また複数の業者で査定を受けて査定額を比較することで更に高額売却することができます!

栃木県でトラック・重機を高額売却ならトラック一括査定王で決まり!

栃木県内でトラックを高額で売却するならディーラーの下取りではなくトラック専門の買取業者を利用するのがおすすめなのですが、トラック一括査定王という商用車一括査定サービスを利用すると複数のトラック買取専門業者に一括して査定依頼することができます。

トラック一括査定王はあなたが売却するトラックや重機の簡単な情報をたった一回だけ入力(約1~2分で完了)、送信するだけで一番高価買取してくれる可能性が高い業者、最大5社に一括して査定依頼できます。

あなたは各社から査定額が提示された査定額を確認して一番条件のいい業者を選ぶだけで、残りの業者にはトラック一括査定王側でお断りの代行までしてくれるので本当に安心して利用することができます。

本当に高く売りたい方

トラック一括査定王をもっと詳しく知りたい方は当サイト内の別記事、

こんなに簡単に高額査定!トラック一括査定王の商用車一括査定

でトラック一括査定王のサービス内容やどのくらい高く売れるのか?を詳しくご説明しておりますので参考にしてください。トラック一括査定王を利用しディーラー下取り+30万円を達成しましょう!

トラック一括査定王 栃木県内の買取エリア

このページでご紹介してるトラック一括査定王の商用車一括査定は栃木県内の以下の地域でご利用いただけます。以下の地域にお住まいの方や会社のある方でトラック・重機・バスの売却で困ったら、迷わずトラック一括査定王を利用しましょう。

栃木県の買取対応地区
宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、河内郡、芳賀郡、下都賀郡、塩谷郡、那須郡

栃木県内のトラック買取店

栃木県内にあるトラック買取店を調べてみたところ、以下のお店が見つかりました。もし以下のお店を利用する場合、トラック一括査定王を併用して条件のいい方に売却することをおすすめします。

IP・TRADING株式会社 〒321-0347 栃木県宇都宮市飯田町292
株式会社サオリエクスポート・トラック買取販売輸出 〒329-4411 栃木県栃木市大平町横堀256
スターズ47宮環鶴田店 〒320-0857 栃木県宇都宮市鶴田3丁目12-10
トラック王国/北関東展示場 〒329-0202 栃木県小山市千駄塚307-1
トラックジャパン/栃木営業所 〒329-0214 栃木県小山市乙女1-36-2
ニューフロンティア 〒320-0061 栃木県宇都宮市宝木町2丁目869

栃木県の代表的観光地・日光と世界遺産

栃木県の主要な観光地といえば広域的には県庁所在地の宇都宮市や足利市、日光市等の歴史的観光地、其れに自然や温泉地ででは塩原や那須高原の地域や日光市が主なところでしょうが、しかし何と言っても歴史的に世界遺産にも認定されている二社一寺の歴史的な観光地やその他の壮大な自然の観光資源が特質されるところでしょう。

其の日光といえば、2006年に旧日光や今市市、足尾町、藤原町、栗山村などが合併して広大な市域をなすようになり、此れは面積的には栃木県はおろか、関東地方でも最大の都市となり、実に全国の市域の広さでは岐阜県の高山市、其れに静岡県の浜松市についで全国的には第三位となっているのです。 此れは実に栃木県全域の2割以上を占める広大な面積にもなっているのです。

其の日光市内の目玉的観光地といえば、当然ながら世界遺産の二社一寺ですが、その他にも今市の日光杉並街道や隣接する鬼怒川温泉や龍王峡、川治・川俣温泉、其れに平家の落人歴史部落とされる湯西川温泉、日光最奥部の鬼怒沼温泉と其の湿原、其れに足尾銅山史跡なども挙げられます。
又、旧日光市内ではご存知のように日光の大自然や山塊群、其れに日光湯元温泉も観光のメッカとなっています。

さて、其の世界遺産の日光についてですが、日光というのは奈良時代や平安期には既に、修行場、霊場として古くから開かれた地域で其れ等に関する寺社群があり、従って、歴史や文化に興味のある方は既にご存知でしょうが、これらの歴史的に古い寺社群と近世(江戸時代)になって東照宮を含めて世界遺産に認定されているのです。

その世界遺産の日光の寺社群はご存知のような日光山・輪王寺の本堂を始めとした御堂伽藍群、その奥にはご存知の日光東照宮の華麗な社宮群、そしてもう一つの社群である日光二荒山神社、この三つを合わせて世界遺産の「二社一寺」と申しております。

場所的には先ず、鉄道を利用する場合は東武鉄道、或いはJRの日光駅を利用することになりますが、雰囲気ある街中を歩いてゆくと、大谷川に架かる真赤な橋の「神橋」が迎えてくれます。 そして、その正面に深い緑に囲まれた日光を世界的にも有名にしている、荘厳であり華やかなりき寺社群が迎えてくれるのです。

ところで、日光と言えば直ぐに日光東照宮のことを思いうけばれますが、実は東照宮は江戸期の初期に徳川家光によって、初代将軍である家康公を祭るために創建されたもので、時代的には真に新しいものなのです。

実は、江戸時代以前の昔においては日光山といって、、日光二荒山神社と日光山輪王寺は一体のもので、此れを称して一山全体を日光山、又は日光山輪王寺と称して、奈良時代、若しくは平安時代から関東の一大霊場であり霊山であったのです。
そして、明治期になって神仏分離令や神仏混淆の禁止令によって、現在の日光山輪王寺、日光二荒山神社、それに、日光東照宮の2社1寺に分離されたのです。

序ながら、日光の東照宮は有名で当然ながら神社の形態をとっています。 実は、元々は日光山輪王寺の東照社という輪王寺の別院であり、仏教の色合いの濃い寺院であったのです。 そして後に、天皇家たる朝廷から宮号が贈られて宮社となり、東照宮という神社形式に改められたのです。 そして、徳川家康は御神体となり、東照大権現として祀られたのです。

日光は元々、「日光山」と言う日光寺社群を総称して呼んだのです。 ところが、日光市街周辺、日光全周囲を見渡しても日光山という、山域における特定の山名は存在しません。
日光山というのは寺号に山の字が付けられているのであって、別に日光に日光山という山は存在しません。 あの有名な世界遺産の高野山や比叡山にしても特定の山名ではないですね。

この場合の「山」とは山号のことであり、仏教の世界では寺院等に付けられる称号なのですね。 高野山は高野町の寺院、山域を高野山と称し、又、比叡山は寺院群を含めた比叡の山々全体を称したもので、高野山の場合は金剛峰寺が本山であり、比叡山は延暦寺という山号であり称号を付したものです。

即ち、日光山も同様な意味合いであり、日光市域の男体山や周辺の山々を総じて日光山と山号を称し、本山の輪王寺を含めて日光山と称したのです。 即ち、大昔は日光山域における社寺群、仏閣群は全て輪王寺の寺域であったのです。

従って、世界遺産としての「二社一寺」は、輪王寺や二荒山神社は其の歴史的な重み、又、
東照宮は歴史を含めて其の建物の華麗さというか、美しさによって認定されてと言ってもいいでしょう。

因みに、東照宮の有名な「陽明門」は2013年より修復工事を行っておりましたが、2017年3月に新しく竣工いていますので、あの重厚で華麗で色鮮やかな姿がご覧いただけます。 又、輪王寺の本堂(三仏堂)は現在改修工事中ですが、其の修復工事の様子を間近で見学することもできます。