岩手県内でトラック・重機を「少しでも高く売りたい!」と考えるのなら、ディーラーやお近くの買取店など一社のみで買取査定してもらっても、その査定額が高いのか安いのか分かりませんよね!
大切なことは何社かで査定を受けて買取相場を理解したうえで売却することです!

最大5社に一括して査定依頼 トラック一括査定王

岩手県内のトラック買取はトラック一括査定王

トラック一括査定王はあなたのトラックや重機を簡単にしかも高額で売却することができます。

トラック一括査定王をおすすめする理由は以下の通りです。

  1. 簡単な入力で高価買取が期待できる業者、最大5社に一括して査定依頼できる。
  2. 日本全国すべての地域で利用できる。
  3. 売却した業者以外の業者にはお断りの代行も付いている。
  4. もちろん無料で利用できる
  5. 利用者の総合満足度96.3%

トラックや重機はもともと高額な車両です。売却価格も高額になるケースが多いので一社査定で売却してしまうのは大きく損をしてしまう可能性が高いです!
損をしないようにトラック一括査定王で高価買取してくれる業者を無料で探しましょう。

岩手県の買取エリア 一覧

ご紹介したトラック一括査定王の商用車一括査定は岩手県内の以下の地域でご利用いただけます。ディーラーや地元買取店を利用する予定の方も無料ですので試しに利用してみてはいかがでしょうか?

岩手県の買取対応地区
盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市、岩手郡、紫波郡、和賀郡、胆沢郡、西磐井郡、気仙郡、上閉伊郡、下閉伊郡、九戸郡、二戸郡

岩手県のトラック・重機・バス買取店

岩手県内にある地元トラック買取店を調べてみたところ、以下のお店が見つかりました。地元買取店を利用したい方は参考にしてください。

株式会社
アルティメットプランニング
〒027-0024 岩手県宮古市磯鶏1丁目1-28
有限会社
サンセレクトイーストジャパン
〒029-4205 岩手県奥州市前沢区照井舘1-2
三陸パーツセンター 〒028-1361 岩手県下閉伊郡山田町織笠15-21-1
なんでも屋・便利屋 〒023-0882 岩手県奥州市水沢区字福原68-10
丸奥自動車工業株式会社 〒028-8407 岩手県下閉伊郡田野畑村菅窪6番地
株式会社水沢日産中古車センター 〒023-0032 岩手県奥州市水沢区字多賀6-2

岩手県の観光は先ず盛岡市と北上川

岩手県といえば東北地方の北部に位置していて太平洋側は所謂、断崖絶壁が続くリアス式海岸の様相を呈し、内陸部は早池峰や遠野の其れに岩手山等の山間部、中央部には一関、北上(平泉)、花巻、其れに盛岡などの東北縦貫路が連なります。

因みに、歴史的にみると盛岡を中心とする南部藩とは、青森の津軽藩に対比されて南部にあるから呼ばれているようですが、この名称は実は人物の名前を取ってつけたもので、中世以来の南部氏から来ているものです。 そして、江戸末期になって盛岡藩に改称されたものです。 尚、南部氏は鎌倉時代の甲斐の国出身で、頼朝の命で津軽に転封され、更に盛岡に根を下ろした大名でもあります。

其の盛岡市は勿論、現在の岩手県の主要都市で県庁のあるところですが、東北道の盛岡インターをおりて盛岡の中心街であるJRの盛岡駅へ向かいまま。 駅の向こう側には直ぐ近くを北上川の清流が流れていて、季節ともなると川岸は色んな花々が色鮮やかに咲いていますし、盛岡市民の自然への心遣いが判るような気が致します。 そして、清流のはるか向こうには岩手山もクッキリと見えていました。

其の北上川は東北地方の代表的な川で歴史て駅にも有名ですし歌にも唄われていますね。、北上川はこの岩手県の中央部を縦貫して宮城県の石巻から太平洋に流れ込んでいますが、東北でも最大の河川であり、その最大の特徴は日本の河川としてはかなり勾配が緩いこともあって、奈良平安の大昔から水運の川としても重要で、世界遺産の平泉などの歴史的遺産にも大きく貢献した川でも有るのです。

その流域は、主なところでは南部から一関、平泉、前沢、水沢、胆沢(いさわ)、江刺(えさし)、更には金ヶ崎、北上、花巻、盛岡そして厨川(くりやがわ)といった奥羽地方の古代の有名な地域、名称がずらりと並んでいるのです。

そして、北上川の水源は同じ岩手県内の北部地区の岩手町に有り、東北本線の御堂駅の近くにある清冷な泉の湧く処で、この泉を「弓弭の泉」(ゆはずのいずみ)と称しています。
普通、大河の水源というのは高山の山中深いところに有りますが、北上川の源流は民家があるような平地が水源と言いますから驚きですね。

岩手の南部地域の盛岡城と名物・「ワンコそば」

さて、北上川を渡って直ぐのところ、盛岡駅から僅かに1kmほどのところには盛岡城(盛岡城址公園)が有りました。 尤も、盛岡城と言っても城址だけですが今は公園となって松の緑と古を偲ぶ屈強な石垣が、往時を忍ばせます。

盛岡城は南部(盛岡藩ともいいました)藩の南部氏(南部重直)の居城であり、本丸跡の直ぐとなりには二の丸、更には三の丸が配されていたことが判ります。 お城は、北上川と南東部を流れる中津川の合流地に築かれていて、現在の盛岡市中心部にある平山城でもあります。

お城の縄張りは戦国期において豊臣秀吉の重臣の浅野長政の南部氏への助言によるものといわれ,北上川と中津川の合流点に突き出した丘陵に築城されてとされて、中心部の本丸には天守台が築かれたが、ただ、当時の徳川幕府への遠慮から大天守は築かれず、天守台に御三階櫓が建造され代用とされたとされています。

さて、盛岡城の見学の帰りがけには、駅前などで盛岡名物の「ワンコそば」を召し上がるのもいいでしょう。 盛岡の駅前には数軒のワンコそば屋さんがあります。
蕎麦屋さんに入ると、早速にお姉さん方が襷掛けで、次から次と「ほれ、もう一つ」、「はい、もうイッパイ」と次から次へと紅いお椀にお蕎麦を入れてよこします。

「ワンコそば」の起源は、南部家の殿様が偶々(たまたま)花巻の或る商家でソバを食したところ、余りに美味しいんで何倍も食したことから、其れが起源とされているようです。 元々、ワンコそばそのものは、秋田の花巻が起源だったようですね。