トラックなどの商用車(重機・バス・フォークリフトなど)は、形状や用途がそれぞれ異なることから、普通乗用車と違って買取相場というモノがありません。そのため、買取店ごとに買取価格に大きく差が出ます。もしあなたが売却先を安易に選らんだ場合、知らないうちに大きく損をしてしまっている可能性があるのです。つまりトラックなどの商用車を売却する際に重要となってくるのは売却先選びということになります。

自宅に居ながら最高査定額をGETできる!トラック一括査定王

このページのタイトルにもある「自宅に居ながら高額査定をGETできる」というサービスはトラック一括査定王という商用車一括査定です。

トラック一括査定王は自宅に居ながらパソコン・スマホで利用でき、日本全国から厳選された有名買取店や地元密着型の買取店、5社に一括して査定依頼できるサービスです。

査定依頼後は非常に簡単です!各社の査定額を比較して一番高い査定額を提示した業者に売却するだけです。

しかも、万が一各社の提示した査定額に満足できない場合はトラック一括査定王がお断りも代行してくれます。

最近では普通車の車一括査定のように多くの方がインターネットで車の売却をしていますが、トラックなどの商用車を売却もトラック一括査定を利用して売却する方が急増しているようです。

トラック一括査定王 埼玉県内の利用可能エリア

トラック一括査定王の一括査定は埼玉県内の以下の地域でご利用いただけます。

トラックの売却予定がある方はトラック一括査定王の一括査定をぜひ利用してみてください。

埼玉県さいたま市の買取対応地区
西区、北区、大宮区、見沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区
その他 埼玉県の買取対応地区
川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、白岡市、北足立郡、入間郡、比企郡、秩父郡、児玉郡、大里郡、南埼玉郡、北葛飾郡

埼玉県内のトラック買取店

当サイトが埼玉県内のトラック買取店を調べたところ、以下の26店舗が見つかりました。

有限会社秋山商会 〒335-0027 埼玉県戸田市氷川町3丁目9-22
有限会社アスピレーション 〒343-0804 埼玉県越谷市大字南荻島1197-1
アップル岩槻インター店 〒339-0042 埼玉県さいたま市岩槻区府内2丁目1-7
株式会社ALNOORDEVELOPERS 〒340-0135 埼玉県幸手市大字槇野地544-1
株式会社e‐BASE 〒353-0004 埼玉県志木市本町1丁目2-2
ウスイ産業株式会社 〒345-0005 埼玉県北葛飾郡杉戸町大字目沼433-1
エコ・ライフ・カンパニー 〒334-0011 埼玉県川口市三ツ和1丁目24-7
有限会社エム.ケー.インターナショナル 〒350-1154 埼玉県川越市大字上松原32-1
株式会社エム・ケイ・トレーディング 〒346-0001 埼玉県久喜市古久喜153-1
オートパルス 〒350-1206 埼玉県日高市大字南平沢831
Carサファイヤ 〒359-1131 埼玉県所沢市大字久米46-1
カージャンクション株式会社 〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ケ丘2丁目12-13
カーライフプロデュースセサミ 〒340-0162 埼玉県幸手市大字下川崎19-1
クルマイチバ 〒369-1245 埼玉県深谷市荒川152
有限会社近藤自動車工業 〒359-1167 埼玉県所沢市林1丁目36-5
310商会 〒343-0111 埼玉県北葛飾郡松伏町大字松伏986-1
ZEAL.G.P北関東支店 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4丁目379-5-5F
有限会社末広一 〒360-0012 埼玉県熊谷市上之771-1
株式会社鈴晃 〒355-0803 埼玉県比企郡滑川町大字福田912-1
株式会社鈴晃/車輌販売事業部 〒355-0803 埼玉県比企郡滑川町大字福田912-1
セピアカーフィルム 〒340-0004 埼玉県草加市弁天6丁目22-2
株式会社タケマサ 〒367-0021 埼玉県本庄市東台5丁目3-29
トップガレージ株式会社 〒369-0306 埼玉県児玉郡上里町大字七本木2379-4
ヒットステージ 〒332-0001 埼玉県川口市朝日2丁目1-14
有限会社盛田自動車整備工場 〒340-0034 埼玉県草加市氷川町812
株式会社米川自工 〒350-0834 埼玉県川越市大字鹿飼1514-1

埼玉県内にお住まいの方で、上記の地元買取店やディーラーがお住まいの地域にあった場合、売却先としてそれらを選択してしまうかもしれません。もちろん、選択肢の一つとして候補に挙げておくことはいいでしょう。しかし、一社査定で売却してしまうのはリスクが大きいので、トラック一括査定王の商用車一括査定を併用するのがいいでしょう。

古墳と軍需工場とヒカリゴケ

吉見百穴埼玉県比企郡吉見町にある吉見百穴(よしみひゃくあな)は、古墳時代後期(6世紀~7世紀頃)の横穴墓群です。

江戸時代には「百穴」と既に呼ばれていたようですが、正式に研究が行われるようになったのは明治時代に入ってからです。

現在確認されている穴の数は219基で、これは国内最大規模の古墳であり大正12年には『国史跡』に指定されています。

古墳

百穴は、岩山に小穴を沢山掘り、1つの穴にお棺を置く台座が1つないし複数あります。このことから、初期は1つの穴に1体を埋葬したが、次第に1つの穴に家族全員を埋葬したのではないかと考えられています。

2つあるように見える岩山に初期に作られたと思われるお墓は不規則に、中期から後期に作られたと思われるお墓は整然と穴が空いている様子には圧倒されるものがあります。

お墓(玄室)の中には自由に入れますので、台座が1つの物と2つの物、それ以上の物と見比べることが出来ます。
玄室の入り口には板状の蓋が嵌められていたと思われ、それが開閉出来る構造になっていることと台座の数が複数の物があることが、1つの穴に複数の人間が埋葬されたであろうと考えられた理由です。

軍需工場跡

第二次世界大戦中、日本の軍機を造っていた中島飛行機が爆撃を受け、軍機の製造が出来なくなったので、この吉見百穴の岩を碁盤の目状に掘ってここに軍需工場を移そうとしました。
洞窟の中は直径3mあるので立って見学することが出来ます。

主に朝鮮の労働者を使い、ダイナマイトを使って岩を掘っていきました。その為、所々に退避用の窪みが見られます。固い岩盤を破壊しながらこれだけ迷路の様に掘り進んだのは大変な労力が必要だったと思います。

現在軍需工場内は一部崩落の恐れがある箇所があるので、全部は公開されていませんが、それでも軍需工場として掘られた洞窟の広大さは充分体験出来ます。

しかし、この軍需工場は実際に使われること無く終戦を迎えました。

ヒカリゴケ

また、この岩山の下のほうにはヒカリゴケが自生しています。蛍光色の緑色の光を放つ綺麗なコケです。百穴のお墓の中の一部には、このヒカリゴケが自生しています。
一般的には日本の中部以北の山地で見られるヒカリゴケですが、一定の気温と湿気が生息条件が合ったらしくここでヒカリゴケが見られます。
但し、ヒカリゴケが生えているお墓には鉄格子が嵌められ、中に入ることは出来ません。

関東地方でヒカリゴケが生育していることは植物学上大変珍しいことなので、「吉見百穴ヒカリゴケ発生地」として『国の天然記念物』に指定されています。