世界にはさまざまなトラックがあります。トラックというと、通常の大型トラックをイメージされる方が多いですし、運転をする上で、とても乱暴なイメージや、色んなものを運ぶので汚れていたりかなり走行距離があり、ガタガタ揺れるイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はトラックといっても、さまざまなメーカーのトラックがあります。日本では有名なのが「いすゞ自動車」のトラックですが、こちらのトラックは世界的にも、シェアを占めており、人気が高いトラックとなっています。

また、日本国内では、あまり見かけることはありませんが、実は欧州などを駆け回っているトラックがあります。こちらのトラックは、「メルセデスベンツ」です。

トラック製造メーカーとしても歴史のあるメルセデスベンツ

実は、ベンツは自動車メーカーのイメージが強く、高級車のイメージがありますが、トラックを出している歴史が古く、1920年代からのトラック製造の歴史があります。今は、トラックメーカーとしての地位をしっかりと築き上げており、世界各国で人気となっています。

さらに、最近では、燃費が良く、環境にも配慮した高性能のトラックを製造し続けているなど、次世代型トラックも多く製造しているのです。

さらに、いつは、メルセデスベンツでは、「事故を起こしにくいトラック」というトラックを開発しています。こちらの事故を起こしにくいトラックの名称は、「セーフティートラック」で、2006年に開発、製造をされています。

画像引用元URL:http://www.gigamen.com/mercedes-benz-future-truck-2025.html

トラックというと、事故が起きやすいと思われがちで、危険な運転のイメージを持っている方も多いです。こちらのメルセデスベンツのトラックは、さまざまな最新の技術を導入しており、事故が起こりやすくなっているのです。また、最新の「メルセデスベンツ・フューチャートラック2025」は、自動運転機能がついているのはもちろんですが、形状もまるで宇宙船のような形状となっており、さまざまな最新機能がついていて、周囲の交通状況を確認してくれて、ドライバーが操作をする必要もありません。

車内がまるで部屋のような高級トラック

また、世界には「高級トラック」などのトラックが販売されています。相場よりも、高い価格帯のトラックとして、これらのトラックが製造されていますが、なんとこれらのトラックの場合、内装が大きく異なっているという特徴があります。

こういった高級トラックは、まるで部屋のように、内装がとても工夫されていて、リラックスしてくつろぐことが出来るようになっているのです。普通に立ち上がり移動をすることが出来たり、テーブルが設置されており、これを広げて、お茶をすることが出来たりもします。まるで、宇宙船のように、快適に車内が作られているのが高級トラックなのです。

実はトラックは、その外側や、荷物が載せられるかなどが注目されがちですし、実際に運転手をしたことがある人以外は、どのような内装なのかまでは知られていない部分が大きいのです。しかし、最近では、乗用車以上に、安全に運転をすることが出来て、かつ疲れを癒やすことが出来るように内装が充実しているトラックが増えています。最新の機能や技術を導入しており、特にベンツなどは、技術の最先端を駆使して、未来型のトラックを製造しています。