あなたはトラックを売る時はどこで売りますか?

ほとんどの方は、次にトラックを購入する車屋などで下取りをしてもらうのではないでしょうか?

ディーラーで下取りしてもらう場合、メリットとデメリットがあります。あなたがトラックを少しでも高く売ろうと思った場合、メリットよりデメリットの方が多くなってしまいます。

コチラではディーラーでトラックを下取りしてもらう際のメリットとデメリットをまとめてみましたので参考にしてください。

トラック買取り ディーラー下取りのメリット

ディーラーでトラックを下取りしてもらう場合のメリットは、なんといっても手続きが簡単ということでしょう。

トラック買取りを利用した場合はトラックを売る時と買うときの手続きが別々になってしまうため、少し面倒だというイメージがあります。

また、代車などを借りる場合はもちろん無料で貸してもらえたり、新車の納車のタイミングと古いトラックを引き渡すタイミングを合わせてもらえたりと便利な面もあります。

なにより、ディーラーに任せておくと安心と考えている方も多いと思います。

トラック買取り ディーラー下取りのデメリット

デメリット① 買取価格が低い
あなたのトラックをディーラーで下取りしてもらう際のデメリットの中で一番大きなデメリットは買取価格の低さでしょう。

ほとんどの場合、ディーラー側の言い値で買い取られていしまいます。

また、「これから購入するトラックの値引き分を下取り価格に上乗せしました!」などと曖昧な表現で買取価格を得したかのようにするのもディーラーの常套手段です。

ディラーは新車を売ることが専門ですので、買取はあまり得意ではありません。トラック買取業者に比べて販売ルートが少ないことからもあなたのトラックを高く買い取ることは不可能です。

そのためディーラーは、自分たちが絶対に損をしない価格でしかトラックを買い取ってはくれません。

デメリット② オプションなどで下取り価格を誤魔化される

トラックを下取りに出した場合に、その下取り価格があまりにも低すぎて交渉すると、

「オプションを付けますよ!」
「このフロアマットを無料にします!」

などと、お得感を演出して誤魔化すのはディーラーの常套手段です。

また、先程も少し触れましたが、これから購入するトラックの新車価格の「値引き分を下取り価格に上乗せします。」などと言ってお得感を演出することもあります。

よく考えてみると新車は新車で値引きしてもらって、売却するトラックは高く買い取ってもらう方があなたにとっては一番お得ですよね。

ディーラー下取りのメリット・デメリット まとめ

簡単ですが、ディーラーでトラックを下取りしてもらう際のメリット・デメリットについてまとめてみました。

結論から言いますと、あなたがトラックを売る時にディーラー下取りはお勧めできません。

その理由は、やはり買取価格がかなり低いことから、あなた自身が大きく損をしてしまぅ可能性が高いと言えます。

もしあなたが、今後トラックを買い替える際、または売却する際はトラックの一括査定を利用するといいでしょう。その理由は簡単に無料で利用できるのにディーラーに比べてあなたのトラックをかなり高額で売却できる可能性が高いからです。

30万円以上高く売れることも、それほど珍しいことではありません。

少しだけ時間に余裕を持って、トラックの売却と購入を分けて考えてみるのもいいんではないでしょうか?

今すぐ試してください!
管理人がトラックを下取りより、30万円高く売った方法です!

⇒簡単便利なトラック一括査定はコチラ

サイト管理人です
最後までお読みいただいてありがとうございます。
あなたのトラックが高く売れるための役立つ記事をこれからも頑張って作成していきます。
↓このサイトのランキングは何位?

中古車・買取 ブログランキングへ