ネットオークションの前に試してください!
管理人がトラックを下取りより、30万円高く売った方法です!

⇒簡単便利なトラック一括査定はコチラ

完全無料で安心してご利用いただけます!!

ヤフオクなどのネットオークションではかなりの台数のトラックが日々取引されています。

この記事を読んでいただいている方の中にもネットオークションでトラックを売買したことがある方もいらっしゃると思います。

コチラではネットオークションでトラックを売る際のメリット・デメリットについてまとめてみましたので参考にしてみてください。

ネットオークションでトラックを売るメリット

ネットオークションでトラックを売る場合のメリットはいったいなんでしょうか?

もしあなたがトラックをネットオークションで売却しようと思っているならメリットとデメリットのバランスを考えて売却の方法を考えてみてはいかがでしょうか?

メリット① 下取りに比べて高く売れる

ネットオークションでトラックを売るメリットは下取りなどに比べて高く売れることでしょう。

ネットオークションの場合は、通常の売却と違って売り手と買い手が直結されますので中間マージンが発生しません。

中間マージンが発生しない分、市場で売られている相場で売れなかったとしても下取りに比べて高く売れる可能性は高いです。

メリット② 人目に付きやすい

また、ネットオークションの利用者数は、ある調査によるとスマホユーザーの51%にあたる2656万人が利用しているそうです。

そのすべての人が、オークションのトラックのカテゴリーを観覧しているわけではありませんが、人目に付く可能性は高いと思われます。

もしたまたま、あなたの出品しているトラックの年式・形状などが観覧車が欲しがっていたトラックにマッチした場合、落札される可能性が高いです。

メリット③ 売却価格を自分で決めることが出来る

オークションでトラックを売る場合のメリット③ですが、それは売却価格を自分で決めることが出来る点です。

中古トラック市場を見れば、およそどのくらいで売れるかは知ることが出来ます。その価格と自分の希望売却額を考慮して出品するトラックの価格を自分で決めることが出来る点はネットオークションのメリットの一つと言えます。

ただし、オークションスタート時の価格を高額にしすぎると入札されずに結局トラックは売れませんので適正な価格で出品することが大切です。

ネットオークションでトラックを売るデメリット

メリットの次はデメリットです。

残念ながら、ネットオークションでトラックを売る場合、メリットよりデメリットの方が多くあります。

車の知識が豊富な方には、ネットオークションでトラックを売ることはお勧めできるかもしれませんが、素人の方にはデメリットというよりリスクが大きいですので注意が必要です。

デメリット① トラックの出品に手間がかかる

トラックなどの車をネットオークションに出品する際は、車両基本情報(メーカー名・グレード名・車種名・走行距離など)と車両詳細情報(ドア数・乗車定員・点検記録簿の有無・車体番号など)を商品説明に記載する必要があります。

また、観覧車が車の状態をしっかり把握できるように画像を多数掲載しなければなりません。

車両基本情報・車両詳細情報・車両画像をもとに観覧車は出品されているトラックの購入を検討しますので、この点がいい加減な場合は落札される可能性は低いと考えられます。

デメリット② 落札後代金が支払われないことがある

落札後にトラックを先に引き渡した場合に、代金が支払われないようなケースもあるそうです。

もちろんそういった場合、名義変更等の書類の手続きもしてもらえないことになる可能性が高いです。

ネットオークションなどで車を売る場合は、名義変更終了後に車両を引き渡し代金と引き換えにするなどの方法を取ったほうが安心です。

デメリット③ 所有者移行のトラブル

トラックを売却するともちろん所有者の変更が必要です。

ディーラーで下取りしてもらったり、トラック買取業者で買取してもらった場合は業者側が責任を持って名義変更をしてくれますので安心です。

しかしネットオークションで車を売買する場合は、自分で車の名義変更をする必要がありますので、トラックを売却した場合、トラックの購入者が名義変更を迅速に行ってくれるかどうかは分かりません。

名義変更をしないと、いつまでも税金の納税通知はあなたのもとに届きますし、もし名義変更をしないままトラックの購入者が事故を起こせば大変な事になります。

デメリット④ 取引後の交渉に応じないとキャンセル

トラックが落札された場合に、落札後に無茶苦茶な価格交渉をしてくる落札者も少なくないそうです。

その価格交渉に応じなかった場合に、取引自体をキャンセルする落札者もいるそうです。

そういう人は、最初から価格交渉するつもりでトラックを落札している可能性が高いので本当に困ったものです。

デメリット⑤ 故障等のクレームにも自分で対応する必要がある

トラックが無事に落札されて、代金を受け取り名義変更も無事に完了し購入者にトラックを引き渡します。

しかしその後、購入者がトラックを使用していて故障した場合、クレームをつける購入者もいます。

ネットオークションの場合、商品説明によくノークレーム・ノーリターンと記載しておくものですが、購入者の中にはそんなことは無視してクレームをつけてくる人もいます。

その場合、大変ですが出品者本人がクレーム対応する必要があります。ノークレーム・ノーリターンと記載されていたにもかかわらずクレームを付けてくるような人はクレーム対応もかなり苦戦すことが予測できます。

ネットオークションでトラックを売る
メリット・デメリット まとめ

ネットオークションでトラックを売ることについてのメリット・デメリットについてまとめてみました。

デメリットについてはデメリットというよりリスクという感じになってしまいましたが、ネットオークションでトラックを売ろうと考えている方は参考にしていただければと思います。

まとめとしましては、ネットオークションでトラックを売る場合、車の知識が豊富で書類の手続きに関しても問題ないという方でしたら、チャレンジする価値は十分にあると思います。

しかし、時間の無い方や素人の方はメリットよりデメリットの方が多いのであまりお勧めはできません。もしあなたがそれでもトラックを高く売りたいと考えているのでしたら、トラック一括査定をお勧めします。

トラック一括査定でしたら、簡単に短時間であなたのトラックを満足いく価格で売れる可能性は高いです。
参考記事→トラック一括査定 利用方法

是非チャレンジしてみてください。

トラックが安心・簡単・確実に高く売れます!!
管理人がトラックを下取りより、30万円高く売った方法です!

⇒簡単便利なトラック一括査定はコチラ

完全無料で安心してご利用いただけます!!

サイト管理人です
最後までお読みいただいてありがとうございます。
あなたのトラックが高く売れるための役立つ記事をこれからも頑張って作成していきます。
↓このサイトのランキングは何位?

中古車・買取 ブログランキングへ